2008年02月09日

未熟児が産まれた時の手続き まとめ

先日書いたとおり、ひーちゃんが産まれた時はかなりテンパっていた。

もちろんのこと産後の嫁さんと違って、自由に動ける自分が
手続き、申請関係を一手に行った。

ただでさえややこしい申請ごとが苦手なのに、
あれこれとやる必要があってかなり混乱した。

精神的にも肉体的にもしんどい状況で、これらの手続きは冷静に
こなしていく必要がある。

というわけで、実際に行った手続きの順番を自分なりに
パート図にまとめてみました。

もちろんその人の職業や、行政によって変わってくる部分も
あると思うので参考程度と考えてください。

間違いや不足があったら直していこうと思います〜。


【手続きパート図】
手続きパート図
※字が思ったより小さくなったので、拡大してみてくださいな。

PDF形式のファイルは こちら


赤ちゃんが産まれたばかりでテンパっているパパ・ママに
まず言いたいことは、それなりにお金は確かにかかりますが、
月に数百万円を手元から支払うわけではないと言う事です。


請求書の額面上は毎月数百万円となりますが、実際に病院に支払うのは
一部自己負担額だけです。
そのためには未熟児養育医療の申請が必要です。


未熟児養育医療の申請に辿り着くには、大雑把には以下の流れになります。

【出生届】→【養育医療意見書をもらう】・【健康保険証への追加】→【未熟児養育医療申請】



■ 未熟児養育医療
身体の発育が未熟なままで生まれ、入院を必要とする方に対して、
その治療に必要な医療費を県が負担する制度。
(大きい都市は市が負担するみたい。うちは市だった。)
ただし、指定養育医療機関での治療に限られる。
世帯の所得税額に応じて、自己負担金が生じる行政もあるらしい。
うちの市の場合、保険適用外(おむつ、ミルク代等)以外の自己負担金はなかった。
(病院からの請求額は、大体1万5,6千円ぐらいだった。)


未熟児ちゃんが産まれて一番気になること。
子供の健康状態以外ではお金のことが気になると思うのでまとめよう。

その他細々お金はかかると思いますが、個人差があるということで・・・。

■ 未熟児ちゃんが産まれてから退院までに必要なお金
・奥様の分娩、入院費用

・赤ちゃんの入院中の病院からの請求
・行政によっては、所得税額に応じた自己負担金
・病院までの交通費(電車賃、高速代、ガソリン代)

・母乳強化剤の購入
・搾乳機、哺乳瓶などの購入
・搾乳した母乳のフリーザーパックの購入
・母乳を運ぶためのクーラーボックスの購入


う〜ん、あと何かあったかな〜。

うまくまとめられなかった〜〜〜。
この辺が自分の限界かも。

みなさまアドバイスよろしく。


ブログランキングに参加しています〜。
にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
posted by ひーちゃんパパ at 22:18| 東京 🌁| Comment(7) | TrackBack(0) | 手続き等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月16日

養育医療の申請

今日は手術の説明を受けに行くが、その前に少し時間があるので福祉センターに行くことにした。

新しい保険証が来たので養育医療の申請に関する書類が揃った。
福祉センターの窓口で書類を書いた。
・養育医療の申請書、世帯調書
そして
・保険証、養育医療意見書(医師が書いたもの)、源泉徴収
を提出した。

あっさり申請は完了。出来るまで1ヶ月ぐらいはかかるみたい。
出来たら郵送で送られてくるそうだ。

その後、保険師さんが出てきて色々聞かれた。
気にかけてくれるのはありがたいし仕事だとは思うのだが、いかにも「かわいそうな人たち」みたいに扱うのは勘弁して欲しい。

ついでに児童手当と乳幼児医療費助成の申請もした。
こっちは保険証でOK。児童手当は一人目がすでに申請しているので増額申請となった。
申請書類に記入してあっさり終了。
ラベル:未熟児 養育医療
posted by ひーちゃんパパ at 11:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 手続き等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月10日

保険証 & 出産一時金

ゴールデンウィーク明けに初めて会社に行った。
あー、席があってよかった。

イントラで手続きに必要な書類を探した。
あったあった。
健康保険の異動届と出産一時金申請書、ついでに社内用の申請書類(家族手当、扶養関係の書類)も書いた。

で、総務に書類を持っていき、顔見知りのベテランの人を呼んで間違いがないか確認した。
顔見知りなので事情を全部話した。

保険証は急いでると伝えると健康保険関係の担当者を呼んでくれた。
2,3日でできるとのこと。しかもできたら自宅に宅急便で送ってくれるとのこと。ありがたい。

そしたら、「配偶者出産休暇届書いたら?」と言われた。
何それ???と言ったら、奥さんが出産したら連続5日休暇が取れると説明された。すでに今日で4日休んでることになるからそれならすごく助かる。
うちの会社にこんな制度があったのね。
前の子の時はなかったなぁ、時代だね。

というわけで総務の人たちが3人がかりで一気に書類をチェックしてくれてアッという間に全て確認ができた。

ほんとにいい人たちだ。
いつもありがとう。でも今回はいつも以上にありがとう。

そしてまたすぐ病院へ向かった。
ひーちゃんは少しずつ母乳を与えるみたい。
今のところ変わりはないそうだ。
心配は心配。
ラベル:出産 手続き
posted by ひーちゃんパパ at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 手続き等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月09日

出生届

オフクロはうちに泊まったのでゆっちゃんの相手をほとんど任せた。
ついでに昨晩は寿司だった。
病院食を食べている嫁さんには悪いなぁ・・・などと思いつつたらふく食べた。

朝起きてすぐ顔を洗って朝食をとった。
そうこうしているうちに9時になったので役所に向かった。

昨晩のうちに病院からもらった出生届に必要事項を記入しておいた。
あとは母子手帳と印鑑(認印)があれば提出できる。

で、いろいろ記入しておいたが、かなり直された。
特に住所や生年月日は役所なので○○番××号と書かなきゃいけなかったり、S○○年と書いたら昭和○○年と直されたり。

って当たり前のことで、前回上の子の時も直されたのに同じ間違いをたくさんしていた。直されて初めて思い出した。。。

でも無事に受理された。
母子手帳の1ページ目に記載してもらい印をもらった。
これで戸籍上にひーちゃんが追加された。
何だかとてもうれしかった。

ついでに役所の向かいにある福祉センターに行った。
病院と自宅は高速を使って一時間。嫁さんの実家と自宅は下道で30分。
微妙に時間がかかるため二度手間になったりすると結構滅入る。
なので未熟児養育費用の説明をあらかじめ聞いておこうと思った。

福祉センターの案内係の方に用件を伝えると「健康課」というところに案内された。
必要な書類は以下。

・養育医療意見書(医師に書いてもらう)
・前年度の源泉徴収票(サラリーマン)
・健康保険証(新生児の名前入り)
・印鑑(認印)

・申込書(その場で書くそうだ)
・世帯調書(その場で書くそうだ)

というわけで会社で健康保険に追加する申請が必要になった。
会社に行かなくてはついでにいろいろまとめて手続きしてこよう。

ひー、頭がこんがらがってきた。。。
posted by ひーちゃんパパ at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 手続き等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。